神奈川県綾瀬市深谷中8-8-2 TEL:0467-39-5960

F3選手権 Rd.6,7 岡山 B-MAX RACING TEAMレースレポート

 

上級カテゴリーで活躍する幾多のトップドライバーたちを輩出してきた全⽇本F3選手権。
6月10⽇には、10月のWEC富士ラウンドへの第14戦・第15戦の編入がアナウンスされたことで、
今季の全⽇本F3も昨年同様全15戦でのシリーズ開催に。このため、6月14〜15⽇からの
岡山国際サーキットでの第6戦・第7戦は、文字通りシリーズ中盤戦に突入する節目の戦いとなった。

今⼤会もB-MAX RACING TEAMは、前戦と同じく昨年導入された新規定エンジンを搭載した⾞両を3台、
F3-Nクラスを1台の、計4台をエントリー。
⽇産⾃動⾞の若手育成プログラム「NDDP」(ニッサン・ドライバー・ディベロップメント・プログラム)との
ジョイントにより「B-MAX NDDP F312」として22号⾞の高星明誠選手と23号⾞の佐々木⼤樹選手の2台が
出場し、さらにB-MAX RACING TEAMとして13号⾞の吉田基良選手、そして30号⾞の
DRAGON(F3-Nクラス)という構成だ。

前回のもてぎラウンド同様、今回も木曜に2時間の専有⾛⾏が設けられたことで、
⾦曜の3時間を加えて5時間の⾛り込みを終え、チームは土曜の公式予選を迎えた...more

2014-06-26