神奈川県綾瀬市深谷中8-8-2 TEL:0467-39-5960

全日本F3選手権Rd.6.7 岡山<写真掲載>

佐々木大樹選手が逆転!今季初優勝!

もてぎと同じく、木曜日から2時間、金曜日に90分を2本の専有走行を行う4dayのスケジュールで迎えた岡山大会。

専有総合では好調な#7松下 信治選手(HFDP RACING)がトップで2番手には佐々木選手に続き高星選手がつけた。

土曜日の予選Rd.6でトップは松下選手に続き2番手には佐々木選手がつけ、高星選手は様々な要因で5位となってしまった。
Rd.7では、P.P勝田選手、2位に松下選手、3位に山下選手、佐々木選手は4位、高星選手5位と続く。

そして、土曜日に行われた決勝では佐々木選手がスタートでトップに浮上!
そのまま順位をキープしてファステストラップも取り、今季初優勝となった。
高星選手はスタートは悪くなく後ろが良かったためポジションダウン。途中の混乱も避け3番手に!そのままポジションをキープしてチェッカーを受けた。

Rd.7決勝では、2位の松下選手がトラブルでスタートできなかったため(のち-1lapで再スタート)勝田選手が先頭でスタート。途中、勝田選手の車両にトラブルが出たため順位を下げ、3位走行の佐々木選手が2位に浮上、勝田選手を挟み高星選手が4位になり猛追するもなかなか差は縮まらずそのままチェッカーとなった。

また2戦とも吉田選手、DRAGON選手もチェッカーを受けた。
今季F3は優勝者が分散しドライバーポイントが僅差、チームポイントは5チーム中2位となっている。
次戦は7/12-13、富士スピードウェイにて行われます。


(結果表は日本フォーミュラスリー協会より引用)

2014-06-15