神奈川県綾瀬市深谷中8-8-2 TEL:0467-39-5960

全日本F3選手権 富士 B-MAX ENGINEERINGレースレポート

全15 戦で争われる全日本F3 選手権も、いよいよ最終ラウンドへ・・・

全15 戦で争われる全日本F3 選手権も、いよいよ最終ラウンドへ。富士スピードウェイを舞台
に、WEC こと世界耐久選手権との併催で、シリーズ第14 戦と第15 戦が10 月19〜20 日に行
われた。このサーキットでのF3 は7 月の第8 戦と第9 戦以来、今年2 回目の開催となり、コ
ンディションこそ異なるとはいえ、特に経験を積み重ねている最中の吉田基良選手、F3-N ク
ラスのDRAGON 選手にとっては、この間どれだけ成長を遂げたかを計る絶好の機会になりそ
うだ。
また、今回のB-MAX ENGINEERING は上記のふたりと千代勝正選手に、アドバイザーも
務める関口雄飛選手を加えた4 台体制となる。1 か月後に控えたマカオGP に千代選手が出場
することになったのだが、旧エンジン規定のままのヨーロッパの各シリーズの方が優先された
ことから、トヨタ1AZ-FE 搭載車両をテストする必要が生じたためだ。もちろん、これは関口
選手にとってもメリットが。ヨーロッパのチームからではあるが、関口選手にマカオGP に出
場するため、今回のスポット参戦は貴重なテストの機会にもなるからだ。
もっとも、新旧エンジン規定ではリストリクター径に違いがあるため、関口選手がハンデを
負うのは否めないが、すでに全日本F3 チャンピオンに輝いている中山雄一選手も同一パッケ
ージで挑むため、比較の対象も存在することに。そんな新旧チャンピオンによる、もうひとつ
の対決にも期待が込められた...more

2013-10-22