神奈川県綾瀬市深谷中8-8-2 TEL:0467-39-5960

10/20 F3Rd15 決勝結果 千代選手が2連勝,関口選手も3位表彰台!<写真掲載>

ウェットレースを制し2番手スタートから優勝!!



今年もWEC世界耐久選手権のサポートレースとしてF3が組み込まれました。
色々不規則なスケジュールで、今日の決勝コースインは7:50・・・8:00スタートで15周。
決勝の雨は第3戦のもてぎ以来で気温も路面も昨日とはコンディションが違い心配していましたが
4台とも無事チェッカーを受けることができ、また国内最終戦を2連勝できてよい結果を
残すことができてチームとしてもとっても嬉しいです!
スポンサー様、来場して下さったお客様、応援ありがとうございました。


来月ののマカオに向けても頑張ります。





F3協会よりドライバーコメントを抜粋いたしました


■ 優勝:千代 勝正
(B-MAX ENGINEERING/Car.No50/B-MAX・F312/TODA TR-F301)

「今日は悪天候でのレースということになりましたが、ウエットではテストもあまりできていないし、セットアップの面で正直分からない部分もありました。でもそれはみんな一緒だろうと思って、エンジニアといろいろ相談して、これが一番いいだろうというセッティングでレースに臨みました。2番手で1コーナーに入ったあと、リヤがロックしてオーバーランしてしまって順位を下げてしまいましたが、上手く順位を戻してからのクルマのバランスはパーフェクトでした。この調子ならトップに立つチャンスもあると思って走っていたら、勝田選手がミスをしてトップに立つことができました。いいペースで走れたので、スタート以外はいいレースができたと思います。シーズンを勝って終わることができて、戸田レーシングさんのエンジンやクルマを速くしてくれたチーム、応援してくれた方々に感謝しています 」

■3位:関口 雄飛
(B-MAX ENGINEERING/Car.No45/B-MAX・F312/TOYOTA TOM'S 1AZ-FE)

「今週の目標は、マシンを絶対に壊さないこと、レースをしっかりと走り切って走行距離を稼ぐこと、久々のスタンディングスタートをしっかり決めることの3点でしたが、すべてクリアできて満足です。特にスタートは、もともと苦手な上に、普段はGTでローリングスタートをしていたのですが本当にいいスタートが切れたので、いい感覚を持ってマカオに臨むことができそうです。今回は同じパッケージで走っているマシンがいなかったのですが、昨年に同条件で走っていたマシンとタイムを比べると、予選で1秒以上速いタイムが出せていたので、自分の調子の良さも確認できましたし、パーフェクトな週末になったと思います。もっと走りたいとは思っていますが、今回のレースに出られるのと出られないのとでは大きな差がついたと思うので、今回参戦できて本当に良かったです」

2013-10-20