神奈川県綾瀬市深谷中8-8-2 TEL:0467-39-5960

2013年 スーパー耐久Rd.4富士 B-MAX ENGINEERINGレースレポート

 




 熱戦の続く「スーパー耐久シリーズ」の第4戦が8月10〜11日に、富士スピードウェイで開催され、
B-MAX ENGINEERINGは日産フェアレディZ(Z33)で挑んだ。

悪天候のため中止となった第1戦以来の出場で、今回はDRAGON選手と関口雄飛選手に、
スーパー耐久初挑戦となる高星明誠選手を加えることとなった。

 その高星選手は全日本F3選手権のF3-Nクラスを戦い、チャンピオンに王手をかけている
ドライバーで、ある意味DRAGON選手のライバルでもあるが、B-MAX ENGINEERINGでは
F4のドライビングアドバイザーを務めている。そんな関係と、今後に向けてより多くの経験を
積んでもらおうとの配慮によって、このトリオが結成されたというわけだ。

 3人がドライブする「B-MAX・Z33」の挑むST-3クラスは、原則として2001cc以上3500cc以上の
車両によって争われる、シリーズ随一と言っても過言ではない激戦区である。しかしながら、
先にも述べたとおり中止になってしまい、「幻のポールポジション」とはなってしまったものの、
第1戦ではAドライバーとBドライバーの合算タイムのみならず、関口選手が他を圧する
タイムをマークし、速さを大いにアピールすることとなった。

 今回の舞台、高速コースの富士スピードウェイでも同様の活躍が期待される一方で、
レースは7時間もの長丁場で争われるため、何が起ころうとも決して不思議ではない。
チームとドライバーが一体となって、チェッカーを目指すこととなった...more

2013-08-12