神奈川県綾瀬市深谷中8-8-2 TEL:0467-39-5960

2013年 全日本F3選手権鈴鹿 B-MAX ENGINEERINGレースレポート

第1戦&第2戦 鈴鹿サーキット

 若手ドライバーのプロへの登竜門であり、またジェントルマンドライバーの頂点でもあるフォーミュラカーレースの、F3ことフォーミュラ3。日本を代表する6サーキットを舞台に、全13戦での開催が予定されている「全日本F3選手権」に、B-MAX ENGINEERINGは2013年、3人のドライバーを擁して挑むこととなった。

 50号車をドライブするのは、11年のF3-Nクラスチャンピオンで、現在はスーパーGTのGT300クラスにも出場する千代勝正選手。そしてF3-Nクラスから移行の吉田基良選手が、13号車をドライブする。それぞれ操るのは、ダラーラF312・戸田TR-F301。今年からエンジン規定が変更され、新たに投じられたエンジンはパワーアップがはかられ、全体のアベレージを高めることとなりそうだ。

 そして日本F3協会が設定する、トヨタ3S-GEエンジンのワンメイククラス、F3-NクラスにはF4からステップアップを遂げたDRAGON選手が新たに挑む。30号車のダラーラF306をドライブする。

2013-04-16